AIR | riverdance.jp
Airオリジナル企画:Flying Squadインタビュー

質問作成協力:けいとさん、トントンさん
インタビュー:moriy、トントンさん
インタビュイー:
Padraic Moyles(以下Padraic)
Melissa Convery(以下Melissa)
Nicola Byrne(以下Nicola)
Ryan McCaffrey(以下Ryan)
通訳:伴野由里子さん
Spcial Thanks:H.I.P.

リバーダンスFlying Squadインタビュー
2008年3月30日@ホテルニューオータニ

2008年3月後半のFlying Squad(プロモーション用の小規模のチーム)来日の最終日、ツアー主催のHIPさんのご厚意で、プリンシパル級のダンサー4名の方々にお話を伺うことができました。


左からRyan、Padraic、Nicola、Melissa

Q. 今回、リバーダンスは約3年ぶりの公演ですが、何か変わったところはありますか?

Melissa
大きな変化はありませんね。1曲振り付けがちょっと変わっていて、もしかしたら衣装も若干変わっているかもしれませんけれど、リバーダンスでは、変わらないことが大事ということもあるんです。

リバーダンスでお客さんがなにを見たいかというと、やっぱりアイリッシュダンサーが一列に並んで、速く正確なステップを踏むというのを期待しているわけです。過去には大きな変化を持たせようという試みもあったんですが、お客さんの反応として、「変わらない方がいい」というものが多かったんですよ。

Q. みなさん、リバーダンスでどのくらいのキャリアを持っていらっしゃるんですか?

Melissa
わたしは11年。

Nicola
わたしは8年。

Padraic
僕は10年。

Ryan
8年くらい。

Q. その長い間、どのようにしてモチベーションというか、フレッシュな気持ちを保つのでしょう?

Ryan
ショーの内容は変わらないけれど、演じる方はすこしずつ違うんだ。「今日はこうだったけど明日はこうしよう」とか、毎回毎回が自分にとっては新しいショーなんだ。特にプリンシパルは振り付けの自由度が高いから、自分なりの変化を持たせることができる。

Nicola
毎回違うお客さんの前で踊るというのもありますね。初めてリバーダンスを観るお客さんの感動というものを感じながら、自分も新鮮な気持ちで踊ることができるんです。

Padraic
あと、いっしょにツアーを回る仲間からの影響もあるね。僕もRyanもプリンシパルの経験があるんだけど、お互いに「ここはこうしたほうがいいんじゃないか」みたいなことを話し合って、お互いを高めていくんだ。

Q. リバーダンスにはアイリッシュダンサーだけではなく、ロシアのバレエやスペインのフラメンコなど各国のダンサーが参加していますが、それらのダンスの影響を受けることはありますか?

Melissa
非常にありますね。特にロシアのバレエダンサーからは、上半身を美しく見せる動きについて大きな影響を受けています。

Ryan
フラメンコやタップダンスからはリズムの取り方とか、かっこいいステップを取り入れたりするよ。一度ツアーを回れば、タップやバレエのレッスンに通ったのと同じくらい学べるね。

Q. 実際、アイリッシュダンサーがバレエやフラメンコのレッスンを受けたりするんですか?

Padraic
いや、ちゃんとしたレッスン受けるわけではなくて・・・

Ryan
舞台裏で「そこちょっと見せてよ」とか、そういう感じだね。

Nicola
中には他のダンスのレッスンを受けたりしてる人もいるわよ。(訳注:リバーダンスとは関係なく個人的に勉強しているということ)

Padraic
でも多くのダンサーは、親がアイルランドの伝統を大事にしていて、それがきっかけでアイリッシュダンスを始めているから、小さい頃からアイリッシュダンスひとすじで育ってきている感じの人が多いと思うね。

Q. では、ボイストレーニングなどはどうでしょう? 最近はダンサーがシンガーとしても舞台に立つようになりましたが・・・。

Melissa
カラオケに行ったくらいかしら?(笑)

Ryan
僕ら(プリンシパル)の場合は、シンガーとして出ることないので、ボーカルトレーニングを受けたことはないけれど、ダンサーの中でも声がいいと認められた人には、シンガーとしてのレッスンがあったりするね。


関連リンク

画面上に戻る
トップページ