AIR | riverdance.jp
海外記事翻訳:Tokikoさんインタビュー

名前:Tiko Masuda(訳注:このサイトを以前からごらんの方はご存じでしょうが、TikoとはTokikoさんの愛称です)
国籍:アメリカ
所属カンパニー:Boyne
誕生日:10月5日
リバーダンスへの参加時期:1998年6月(訳注:以前ご紹介したTokikoさん年表(←PC版サイト参照)と微妙にずれている感じもしますが、まあ誤差の範囲内でしょう)

リバーダンスで踊ってきた中で、いちばん恥ずかしかったことは?

「日本の大阪で『American Wake』の最後に、思い切り転んじゃったこと。日本 で最後の公演だったのに(泣)」

どうしてリバーダンスに参加しようと決めたんですか?

「リバーダンスの中では、アイリッシュダンスは「巻き毛と重たい衣装」だけじゃない何かになると思ったからです。あと、パフォーマンスの中で自分自身を表現できるからですね」

アイリッシュダンスを始めたのはいつから?

「7歳の時からです」

アイリッシュダンスでいちばん好きなところは?

「舞台に出ているときかな・・・だから人前で踊ることが一番好きですね」

オーディションはどこで受けましたか? そしてそれはどんな感じでしたか?

「オーディションはアイルランドのダブリンで受けました。もちろん少し緊張しましたけど、うまくいきました」

リバーダンスへの参加が決まったとき、どんなことを感じましたか?

「とてもワクワクしました。ハッピーでした」

ショーの中で好きなところは?

「メイクして、すてきなお客さんたちの前で踊れるところですね」

リバーダンスにいて最高だと思ったことは?

「たくさんありますよ! ニューヨーク、日本、それから世界中で踊れたこと!」

ステージに出る前に必ずすることってありますか?

「特にないですけど、練習はいっぱいします」

ツアーに2つだけ好きなものを持って行っていいと言われたら?

「ボーイフレンドと猫!」

ツアー中、オフの日にはなにをしていますか?

「本を読んだり、映画を見に行ったり、買い物したり、観光したり、散歩したり、絵を描いたり・・・」

あなたがリバーダンスで踊っていることを知った人から聞かれる質問でいちばん多いのは?

「『あなたたち、みんなどのくらい練習しているの?』」


関連リンク

画面上に戻る
トップページ